利用者の変動

一戸建て住宅ではオール電化が増えていますが、どこがすぐれているのかというと、それは光熱費の削減になります。ガスと電気の両方を使用すると、2つの基本使用料が必要としています。オール電化の場合、もちろんガスを使用していませんので電気の基本使用料だけで済みます。基本使用料が一つ減ってくれたことによって、同じ使用状況だとしても光熱費が安くなります。基本使用料以外に関しては節約できるわけではないけれども、基本使用料が節約できるからこそ光熱費削減に優れています。一戸建ての住宅はアパートと比べて部屋数などを考えると高くなってしまうからこそ、削減できる部分は削減することが一番になります。

今一戸建ての住宅の購入の際にオール電化が選ばれています。かなり人気なオール電化なのですが、今後全ての一戸建て住宅がオール電化になるのかというと、絶対にオール電化だけになるわけではありません。実はオール電化にはどうしても出来ない料理、そして出来たとしても美味しくない料理というのがあります。お湯を作るそして温めるなどの行為に関しては電気でも十分と可能としています。しかしIHクッキングヒーターでは本格的にな中華料理だったり炙り料理だったりなど、より本格的を求めている場合にはかなり適していません。その人によって本格的な料理を作りたいと考えていれば、自然とガスを選択しますのでこの理由によって全ての一戸建て住宅がオール電化になることはとてもかんがえにくくなります。